相続、遺言書に強い地域密着型の司法書士

東京都豊島区、文京区、板橋区、北区東京近郊の相続相談なら瀧本司法書士事務所

<住所> 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨4-7-2 井戸マンション402 折戸通り 都立文京高校前
<アクセス> JR「大塚」駅徒歩5分、都電「巣鴨新田」駅徒歩1分

初回相談は無料です!まずお電話を

03-5972-4833

営業時間

9:30~17:30(土日祝要予約)

民法(相続)の条文と私的メモ その3
 

第4章 相続の承認及び放棄
第1節 総 則
(相続の承認又は放棄をすべき期間)
第915条 相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
2 相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる。


  ・3か月以内に限定承認又は相続放棄をしなかったのが,被相続人に相続財産が全く存在しないと信じたためであり,かつ,被相続人の生活歴,被相続人と相続人との間の交際状態その他諸般の状況からみて当該相続人に対し相続財産の有無の調査を期待することが著しく困難な事情があって,相続人において右のように信ずるについて相当な理由があると認められるときには,…熟慮期間は相続人が相続財産の全部又は一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべき時から起算すべきものと解するのが相当である。最判昭和59年4月27日 被相続人の死亡から1年後保証債務の存在を知って3か月以内に放棄が認められた。この判決の後の下級審では、熟慮機関の認定を拡大したものや厳格にしたものがあるので注意。

916条 相続人が相続の承認又は放棄をしないで死亡したときは、前条第1項の期間は、その者の相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から起算する。

917条 相続人が未成年者又は成年被後見人であるときは、第915条第1項の期間は、その法定代理人が無能力者のために相続の開始があったことを知った時から起算する。
  ・本条は未成年者と成年被後見人のみに適用。保佐人は13条1項6号 相続の承認若しくは放棄又は遺産の分割をすること。は本人。

(相続財産の管理)
第918条 相続人は、その固有財産におけるのと同一の注意をもって、相続財産を管理しなければならない。ただし、相続の承認又は放棄をしたときは、この限りでない。2 家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求によって、いつでも、相続財産の保存に必要な処分を命ずることができる。
3 第27条から第29条までの規定は、前項の規定により家庭裁判所が相続財産の管理人を選任した場合について準用する。

 (管理人の職務)
第27条  前二条の規定(不在者財産管理人)により家庭裁判所が選任した管理人は、その管理す べき財産の目録を作成しなければならない。この場合において、その費用は、不在者の財産の中から支弁する。

2  不在者の生死が明らかでない場合において、利害関係人又は検察官の請求があるときは、家庭裁判所は、不在者が置いた管理人にも、前項の目録の作成を命ずることができる。

3  前二項に定めるもののほか、家庭裁判所は、管理人に対し、不在者の財産の保存に必要と認める処分を命ずることができる。

(管理人の権限)

第28条  管理人は、第百三条に規定する権限を超える行為を必要とするときは、家庭裁判所の許可を得て、その行為をすることができる。不在者の生死が明らかでない場合において、その管理人が不在者が定めた権限を超える行為を必要とするときも、同様とする。

(権限の定めのない代理人)

第108条 権限の定めのない代理人は、次に掲げる行為のみをする権限を有する。

一 保存行為

二 代理の目的である物又は権利の性質を変えない範囲内において、その利用又は改良を目的とする行為

 

(管理人の担保提供及び報酬)

第29条  家庭裁判所は、管理人に財産の管理及び返還について相当の担保を立てさせることができる。

 2 家庭裁判所は、管理人と不在者との関係その他の事情により、不在者の財産の中から、相当な報酬を管理人に与えることができる。

(相続の承認及び放棄の撤回及び取消し)

919条 相続の承認及び放棄は、第915条第1項の期間内でも、撤回することができない。
2 前項の規定は、第1編(総則)及び前編(親族)の規定により相続の承認又は放棄の取消しをすることを妨げない。
3 前項の取消権は、追認をすることができる時から6箇月間行使しないときは、時効によって消滅する。相続の承認又は放棄の時から10年を経過したときも、同様とする。
4 第2項の規定により限定承認又は相続の放棄の取消しをしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。

ご相談・お問合せはこちら

当司法書士事務所のサービスについて、ご不明点などございましたら、お電話もしくは無料相談フォームよりお気軽にご相談・お問合せください。

板橋区の相続相談

お気軽にご連絡ください。

  • 相続が発生したので、不動産の名義変更(相続登記)をしたいのですが…
  • 不動産の名義変更は、どうすればいいの?
  • ローンが払い終わったから抵当権を消したいんだけど
  • 遺言書を作りたいのですが…
  • 遺書が出てきた場合、どうればいいの?
  • 遺産分割協議書の作成をしたいのですが…
  • 相続で銀行預金ロックされたんだけど
  • 会社の設立登記を依頼したい
  • 会社の本店(住所)を変更したけど…

といったお悩み相談でも構いません。
あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちらメールでのお問合せはこちら

営業時間:9:30~17:30(ご予約いただければ土日祝日も対応いたします)

無料相談実施中

無料相続相談

出張相談も承ります。

初回のご相談は無料です

営業時間:9:30~17:30
(土日祝要予約)

メールでのご相談は土日祝、何時でも受け付けています。
お気軽にご連絡ください。

ご連絡先はこちら

瀧本司法書士事務所

03-5972-4833

03-5972-4834

info@takimoto-jimusyo.com

代表:瀧本 恭弘

東京司法書士会:豊島支部
簡裁訴訟代理等関係業務認定

代表者ごあいさつはこちら

住所

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨4-7-2
井戸マンション402

折戸通り 都立文京高校前

主な業務地域

東京都豊島区(北大塚南大塚巣鴨西巣鴨池袋駒込等)、文京区、北区、板橋区、新宿区、練馬区、中野区、渋谷区その他23区、埼玉県等東京近郊

事務所概要はこちら