相続、遺言書に強い地域密着型の司法書士

東京都豊島区、文京区、板橋区、北区東京近郊の相続相談なら瀧本司法書士事務所

<住所> 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨4-7-2 井戸マンション402 折戸通り 都立文京高校前
<アクセス> JR「大塚」駅徒歩5分、都電「巣鴨新田」駅徒歩1分

初回相談は無料です!まずお電話を

03-5972-4833

営業時間

9:30~17:30(土日祝要予約)

数次相続と遺産分割協議 相続登記

数次相続とは、相続が発生して遺産分割協議をしないうちにさらにその相続人が亡くなった場合をいいます。

右の図で説明しますと、Aが亡くなって遺産分割協議をする前に、Bも亡くなった場合です。

代襲相続は、相続が発生する前に相続人となるべき人が死亡した場合です。右の図で、Aが亡くなる前にCが死亡した場合です。(Cには子がいるとします。)代襲相続について詳しくはこちらをご参照ください。

代襲相続とは 

 

CDEで遺産分割協議をするのですが、CDEはAの相続人でありBの相続人でもあります。遺産分割協議書にA相続人兼B相続人と明記して署名押印します。

 

数次相続と不動産登記

 最終的に不動産をCの名義にしたい場合、本来ならAの相続人はBCDEなのでAからBCDEの相続登記をし次にBDEの持分をCに移転する登記をします。

ところが、中間の相続人が単独の場合、一種の中間省略を認めていていますので、AからB、BからCへ不動産が移転した形をとればAからCへの相続により移転登記を一回でできます。相続登記が1回で済めば登録免許税を2回納める必要はなく1回で済むので安くなります。

CDEはAの相続人であり、Bの相続人でもあるので、遺産分割協議書の内容として、CDEはA相続人兼B相続人として、Cが不動産を相続する旨が書かれることが必要です。

上記のように相続人の資格(A相続人兼B相続人)を明記すれば、CDEはAからBへ不動産の所有権が移転し、Cへ所有権が移転した内容の遺産分割協議になります。

ご相談・お問合せはこちら

当司法書士事務所のサービスについて、ご不明点などございましたら、お電話もしくは無料相談フォームよりお気軽にご相談・お問合せください。

板橋区の相続相談

お気軽にご連絡ください。

  • 相続が発生したので、不動産の名義変更(相続登記)をしたいのですが…
  • 不動産の名義変更は、どうすればいいの?
  • ローンが払い終わったから抵当権を消したいんだけど
  • 遺言書を作りたいのですが…
  • 遺書が出てきた場合、どうればいいの?
  • 遺産分割協議書の作成をしたいのですが…
  • 相続で銀行預金ロックされたんだけど
  • 会社の設立登記を依頼したい
  • 会社の本店(住所)を変更したけど…

といったお悩み相談でも構いません。
あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちらメールでのお問合せはこちら

営業時間:9:30~17:30(ご予約いただければ土日祝日も対応いたします)

無料相談実施中

無料相続相談

出張相談も承ります。

初回のご相談は無料です

営業時間:9:30~17:30
(土日祝要予約)

メールでのご相談は土日祝、何時でも受け付けています。
お気軽にご連絡ください。

ご連絡先はこちら

瀧本司法書士事務所

03-5972-4833

03-5972-4834

info@takimoto-jimusyo.com

代表:瀧本 恭弘

東京司法書士会:豊島支部
簡裁訴訟代理等関係業務認定

代表者ごあいさつはこちら

住所

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨4-7-2
井戸マンション402

折戸通り 都立文京高校前

主な業務地域

東京都豊島区(北大塚南大塚巣鴨西巣鴨池袋駒込等)、文京区、北区、板橋区、新宿区、練馬区、中野区、渋谷区その他23区、埼玉県等東京近郊

事務所概要はこちら